「りんご娘」王林の大学に通って明確になった目標とは

実践記
スポンサーリンク
AMPページ用コード

人気アイドルグループ「りんご娘」のリーダーであり、青森県の方言である津軽弁とド天然発言が特徴で多くのファンを獲得している王林(おうりん)さん。強いキャラクター性があるだけではなく「かわいい!」とテレビに出演されるたびに多くの注目を集めていますが、2021年3月18日に大学卒業を報告されました。

「りんご娘」王林の大学に通って明確になった目標とは

2013年から王林さんが加入した『りんご娘』は”cool&country”をコンセプトに青森の活性化や地元の情報発信を担う農業活性化アイドルとして活動している

りんご娘のメンバーでリーダーを務めている王林さんは2021年3月18日に青森中央学院大学・経営法学部の卒業を報告した

王林さんは「大学に通ったことで明確になった私の目標があります。それは王林が考えたfashionbrandと skincarebrandを立ち上げることです!」「青森にこだわったものを私のフィルターを通して届けたい。卒論では伝統工芸品の販路拡大について津軽塗を中心にかきました」とし「しっかり勉強もした上でこの2つの目標を達成できるようけっぱります!!」と決意を新たにした。

「りんご娘」王林が卒業式で身に付けた伝統工芸品

津軽塗りのピアスを身に着けた王林さん

 

自分が試作してもらった津軽塗りのピアスを卒業式で身につけているなんて青森愛を感じますね

王林さんは、「まだまだ手をつけられていないので先のことにはなると思いますが、ここであえて私の目標を言いました。有言実行します。」と、意気込みを語った。

『津軽塗り』ってどんな工芸品?

 

津軽塗りとは、青森県津軽地方に伝わる伝統工芸品の一つで青森県唯一の経済産業大臣指定伝統工芸品。ヒバの木の木地に漆を塗り重ね、その漆を研ぐことで色とりどりの複雑で美しい斑紋が生まれる。この技法は全国的にも珍しく、何重層と塗り重ねられた漆の表情は、独特の奥行きを感じさせる

40数回の工程と、2ヶ月以上の日数を費やして仕上げられる津軽塗りは、非常に耐久性があり、堅牢と評されている。

> 津軽塗りを見る

まとめ

青森県には、地域に生まれ、生活の中で育まれてきた優れた伝統工芸品が数多く存在します。具体的には、八戸焼、津軽びいどろ等の漆器・陶器・ガラス・南部総桐箪笥、津軽竹籠などの木・竹工品、こぎん刺し、南部裂織等の染織品・その他繊維製品、津軽打刃物の金工品、温湯こけし、八幡馬等の諸工芸品があります。

王林さんのフィルターを通してどのように届けられるのか楽しみですね

あなたも一つ王林さんの愛する青森県の工芸品を手にしてはいかがでしょうか?

> 青森県の伝統工芸品を見る


【あわせて読みたい】

・驚異的な強さ!軍隊・宇宙探測機・海洋調査の装備に採用されている水筒

【テスコム】ドライヤーnib2600を使用して気付いたこと

【テスコム】ドライヤーnib2600のフィルター掃除をしてみた

【レビュー】温かくて手放せなくなる mottole 充電式カイロ MTL-E007 グレー

【レビュー】mottoleの加湿器を実際に使ってみた【MTL-H001 】|超音波式加湿器

Homeへ戻る

実践記
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


※【にほんブログ村】のリンクを押してもお金や個人情報を要求されません。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


※【にほんブログ村】のリンクを押してもお金や個人情報を要求されません。
TOKYO LIBRARYをフォローする
書いた人

ブロガー/東京都在住
管理人のたかむらです。約17年以上様々な商品を売買してきた経験から「売買で人生を豊かにする方法」・「購入した商品」を紹介しています。質問などは【Contact】よりご連絡ください。twitter (@aquostype)

TOKYO LIBRARYをフォローする
TOKYO LIBRARY
タイトルとURLをコピーしました